MENU

敏感肌の原因とは?

人の肌には紫外線をはじめ細菌などの刺激から守ってくれるバリアのような機能があるのですが、様々な要因でこの機能が弱まってしまい、刺激に対して弱くなってしまう症状を敏感肌というのですが原因にはいくつかの理由があります。
敏感肌が最も関連している部分は表皮の一番外側を覆っている角質層で、役割として水分を外に出さない役割と刺激などに対する防御機能があります。この角質層部分に異常が出た時におこるのが敏感肌になります。

 

敏感肌になる原因はいくつかの要因がありますが、ひとつだけの原因というよりも複数の原因が重なって症状が出る事が多くなっています。
敏感肌の原因で最も代表的なものは乾燥です。空気の乾燥のひどい冬はもちろんですが、夏のエアコンなどによる乾燥も原因になります。
次に加齢により表皮などは薄くなっていき、弾性繊維であるコラーゲンなども減少することで弾力を失い、メラニン細胞の減少も紫外線に対する抵抗力が弱くなる事で敏感肌の原因にもなることがあります。

 

他にも日頃の肌のお手入れのはずのスキンケアが原因になる事もあります。肌にあっていない、ボディーソープや化粧品などを使えば当然皮膚には良い影響は出ないので逆効果のような結果になります。日焼け止めなどを使わずに紫外線を浴びてしまうことも悪いですし、身体を洗う時に力強くゴシゴシと洗うような事も良いとは言えません。
最後に体質的な問題が原因の事もあります。もとから肌の弱い体質やアレルギー体質の人などは敏感肌になりやすいですし、ストレスなどが要因になることもあります。